私立病院ペナン島、マレーシア
お問い合わせとご予約
+604-238 8888
24 時間対応緊急電話
+604-226 6911
言語を選んでください

言語病理学/言語病理療法・部門

言語聴覚療法の目標とするところは、情報伝達、話、言葉、音声、流暢さ、嚥下・障害を持つ、小児と成人に高品質のサービスを提供することです。サービスは、あらゆる年齢の個々ごとに提供されます。言語聴覚診断、評価判定が行われます。判定結果は、分析され、個々の必要に応じ、目的に合わせ、適切な治療プログラムにデザインされます。治療セッションは、グループ、又は、個々を対象に行われます。

サービスは誰のためのものですか?

障害を持つ小児
自閉症
脳性麻痺
注意力欠陥と機能亢進の障害
唇裂と口蓋
難聴
ダウン症候群
精神的なハンディキャップ
発育遅延

成人
脳卒中
頭部外傷
パーキンソン病
運動ニューロン病
痴呆
頭、口と喉頭がん
気管切開した個々

原因と治療オプション
言語病理遅れ/発育性の言語病理遅れ 主な原因は、言語刺激作用の欠如、損なわれた知能、社会的な/実際的な障害(例えば、自閉症)、聴覚機能障害、学習能力障害、等。いくつかのものは、原因が不明です。言語ゲーム、活動の導入で、児童は、適切で包括的な、精神年齢と同等の表出性言語能力を成し遂げるため訓練されます。子供達の言語開発を促進するよう両親へのトレーニングも提供されます。
聴覚機能障害 補聴器、又は、人工内耳の使用により、聴覚機能障害者は、聞き取ること、話し言葉を理解出来ます。聴覚性言語アプローチは個々の聞き取り、発声、言語、認知と情報交換を訓練するため用いられます。日常生活で主要な感性として聴くことが出来ない人々のために、身振り、口頭、聴覚性、記述、そういう、全情報伝達のアプローチが用いられます。
構音障害 主な原因は、発音開発の遅れ、経口筋系の協調運動障害、不適正な模型です。その他の原因としては、聴覚機能障害、口唇裂、口蓋裂、等です。発音練習を通して、正しい発声を訓練出来ます。
発声障害 音声の不適切な使用、音声の乱用は、発声障害に通じます。言語病理学士は、音声衛生、呼吸、リラクゼーション、発声練習のためのプログラムを設計します。
流暢さの障害 流暢さの障害は、心理的、身体的、又は、遺伝性に起因します。(障害者は)個々に、流暢に、スムーズに話せるようになる、新しい話し方を教わります。
神経性意思疎通障害 主な原因は、脳卒中、脳腫瘍、頭部損傷、パーキンソン病、等です。部位と重症度によって、個々の被る、理解力、話し方、読み書き能力障害は異なります。運動は、意思疎通計画を高め、経口筋系を強化し、明瞭な発声に改善します。家族へのトレーニングも又、コミュニケーション技能を、促進します。絵のコミュニケーション・ボード、光のペン、その他、も必要に応じて、コミュニケーションの代替方法として利用されます。
嚥下障害 脳卒中や、脳損傷、パーキンソン病のような神経系の損傷、又は、手術後の嚥下仕組み(口と首)の損傷は、嚥下障害を招きます。治療は、原因、症状、嚥下の問題点によります。食品の変更、液体状の食感、と計画は、個々の嚥下をより有効なものとなります。

照会手順
予約は、直接、言語病理学/言語病理療法・部門あてにお問い合わせ下さい。開業医、教授、その他、医療専門家による照会も受付ております。

言語病理療法

クイック検索

External Links

Useful links for your reference and guide to a better understanding on Healthcare, Penang and Malaysia.

Copyright © 2019 LohGuanLye SPECIALISTS CENTRE. KKLIU 0249/2018. All Rights Reserved.
Personal Data Protection Act 2010 | Web Design by MoreIsWeb.com